ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

日常のこと

マルちゃん、囲いを突破する

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

未明に雷が鳴っていると思ったら、朝もまだ不安定な天気でにわか雨が降るなどしていた。

だが犬たちは元気よく散歩に出かけた。

はっちゃん(秋田MIX♂8歳)は漁村を探索したのち、隣の漁港まで足を延ばそうとしていたが、犬小屋の猟犬が不安そうな声で吠えているのを聞いて引き返した。

危なそうなことからは即座に逃げるのがはっちゃんのモットーだ。

マルちゃん(大型犬MIX♂12歳)もいつものコースをのんびり楽しんだが、最近歩く速度がさらにゆっくりになってきて、脚が弱りつつあるのではないかと気になっている。

 

 

ひどく痛そうにはしていないが、もうすぐ13歳なので不具合が出てもおかしくない。

野性動物にほとんど反応しないのは老化もあるのかもしれない。

そんなことを考えつつ、部屋でまったりしていた。

すると、庭よりも少し離れたところから、マルちゃんのヒーヒーいう悲鳴のような声が聞こえた。

庭から続く崖から落ちたのかもしれないと思って急いで庭に出ると、マルちゃんの姿が見えない。

声は崖の下の隣家(空き家)の庭から聞こえる。

はっちゃんが「大変だ!」と心配してソワソワする中、隣家に行って荒れ放題の庭の草をかき分けて進んでいくと、マルちゃんが地面を掘って獲物を捕まえようとしていた。

狩りの時にもヒーヒー声を出すが、その声だったのだ。

怪我はなかったので、ネットを突破してうまく下に降りたのだと思う。

マルちゃんは獲物を排水溝に追い込んでおり、気の毒な被害者の背中がチラッと見えたが、タヌキさんのような感じだった。

被害者は殺し屋から何とか逃れようと必死で、大急ぎでマルちゃんにリードを着けて撤収した。

こういうときも、急ぎつつも強引にならないように気を付ける必要がある。

マルちゃんは名残惜しそうではあったが、あっさり交渉に応じてくれた。

そのあと突破された箇所をふさぐようにコンパネを立ててネットを張った。

マルちゃんに部屋で待ってもらっていたので、大急ぎでやって2時間程度で完了した。

はっちゃんはその間庭で監督。

マルちゃんはまだ狩りはリタイヤしていないそうなので、囲いをさらに補強しておいた方がいいかもしれない。

大怪我をしたかと思ってびっくりしたが、マルちゃんも被害者も無事でよかった。

 

無事でよかったと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-日常のこと
-,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。