ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

コミュニケーション 問題行動

喧嘩を回避するには

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

昨日、今日と雨が降ってとても寒かった。

近所のホームセンターまで灯油を買いに歩いて行ったら、寒さで耳がちぎれそうになった。

はっちゃん(秋田MIX♂7歳)は部屋でぬくぬくしているが、マルちゃん(大型犬MIX♂11歳)はそれでも外がいいという。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1250650a.jpg です

 

ちょっと寒そうな顔をしている。

雨が降っているときは軒下に避難していた。

昨夜はマルちゃんがわたしと一緒に寝る番で、しばらく前から自分たちで一日ごとにかわりばんこにしている。

といってもわたしが決めたり教えたりしたのではなく、自分たちでそうしているのだ。

とても公平なやり方だ。

犬同士は言葉で話し合うわけではないのに、ちゃんとルールを作り出しているところが偉い。

それぞれ無用な争いごとを避けるように行動し、その中でルールができていくと言った方が正確かもしれない。

これも冷静な判断ができてこそで、ストレスいっぱいだったり興奮したりしていると、カーミングシグナルを出すどころではなくそのまま喧嘩になりやすい。

なので人間が行うべきは、犬たちが興奮しすぎないように環境を(犬ではなく)コントロールすることだ。

具体的には、興奮しそうな状況を避けるとか、ストレスを減らすなどである。

初対面の犬も含め、当事者だけで解決が難しい状況になっていたら、カーミングシグナルを使って介入してみよう。

両者にらみ合いだったら、すっと静かに間に割って入ってフリーズするのが有効だ。

すでに喧嘩が始まっている場合は、両者が離れたタイミングで割って入って引き離す。

この段階では成功率はそう高くないが、うまくいくこともある。

犬たちのように上手にはできないが、とにかくやってみよう。

人間も練習することでスキルアップするので、あきらめることはない。

犬たちは落ち着いてさえいれば上手に立ち回るので、そのためのバックアップに注力することが何よりも大切だ。

いつも書いているように、叱ったり命令したりしても逆効果なので、半信半疑な方はぜひとも試してみていただきたい。

 

喧嘩を止められずに困ったことがあるよという方も、そうでない方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

ご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。

Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。

http://pono2.info/ntpt

●インスタグラム、「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-コミュニケーション, 問題行動
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。