ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

ストレス 日々のケア

最大限の工夫で乗り切ろう

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 

一昨日ほどではないが今朝もなかなか寒くいと思いながら歩いていたら、どんどん気分が悪くなってきてしまった。

わたしはあまり楽しめなかったが、はっちゃん(秋田MIX♂9歳)はすべてのポイントをチェックして満足した様子だった。

それが何よりだ。

晴れ間が出ている間に歯磨きガムを食べながら、少しだけ日向ぼっこするはっちゃん。

「お庭の見回りもしないとね」。

 

あっという間に年末になり、帰省ラッシュがピークを迎えたというニュースが流れてきた。

わたしはずっと東京に住んでいたので盆暮れには人がいなくなるイメージが抜けないが、うちのエリアのような限界集落では逆に人が増える。

近所では民家の庭に駐車された県外ナンバーの車が増えており、道行く人(ほとんどいないが)の平均年齢がほんの少し若くなったような気がする。

買出しなどに行くと思しき車も増えて、いつもよりざわついた雰囲気がある。

はっちゃんもそれを感じるようで、のんびりムードが少し減っているようだ。

わたしのように年末年始でも全く何もぜずに普段通りに過ごしていても、ざわざわした周りの環境からの影響を受けてしまう。

なので、いつもは仕事で留守にしている家人が家にいるとか、来客があるとか、大掃除なども含めたイベントを予定しているなどという方はとくに、犬への影響がなるべく少なくなるように気を付けよう。

忙しくてもなるべく時間を作ってのんびりし、その間に犬とゆっくりお話ししたりスキンシップしたりする(犬が望む場合)とううのがお勧めだ。

夏休みや正月休みの後は体調を崩して病院に行く犬猫たちが増えるので、毎回とても心配になる。

人間はさまざまなしがらみの中で生きており、社会全体が動物優先になっていないので、どうしても人間の都合で動物たちを振り回してしまう。

それでいつも記事を書いてしまうのだが、できる限り最大限ストレスを減らすように工夫することが大切だということは強調しておきたい。

イベント自体を止めることが難しくても、時間帯や頻度、犬の居場所などを変更することで、犬への負担を軽減することができるかもしれない。

犬がなるべくいつも通りに静かに過ごせるように工夫してみよう。

犬にとっては受難なこの時期を、みんな元気に乗り切ってくれたらうれしい。

 

イベントを予定している方も、いつも通りだよという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のはっちゃん」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-ストレス, 日々のケア
-, , ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。