ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

コミュニケーション 犬の気持ち

褒めない方式が広まってきている!?

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 

朝冷え込んだので、出発を8時ごろにずらしてみた。

7時半ごろでもいいのだが、そうすると通学時間に当たるので少しあわただしさがある。

だが8時になるとかなり静かになるし、日も照ってきてリラックスできる。

寒さは思ったほどではなかったが、静かな雰囲気で歩けたので正解だった。

日中は暖かくなったので、はっちゃん(秋田MIX♂9歳)は庭でゆっくりおやつタイムを楽しんだ。

 

「今お口に食べ物が入ってるからしゃべれないよ」という顔。

 

ところで、PONOPONOでは犬を叱らないが、「いい子~」とハイテンションで大げさに褒めることもしない。

では、小声で静かに「いい子」と言うかというと、それもほとんどしない。

叱らずに褒めましょうというのが、子育てでも犬育てでも主流になった感があるが、子育てではわざとらしく褒めないやり方が台頭してきている。

モンテッソーリのように昔からやっていたところもあるのだが、それが注目されてきたと言ったほうが正確だろう。

なぜそうなってきたかというと、褒められるために相手が望むことをするようになり、自主性や主体性の芽を摘むことになりかねないからだ。

これは犬についても全く同じで、自分で考えるよりも人間が望むことをするようになってしまう。

それよりも、自分がどうしたいか、また状況からどうすべきかを考えて行動することが大切だ。

うまくいったらうれしくなるし、失敗したらがっかりする。

その気持ちに共感すればいい。

やたら褒めない代わりに、状況に応じて「関心を示す」とか「共感する」とか「勇気づけする」などしてみよう。

わたしは「できたね」とか、「残念だったね」とか、「頑張ってたね」などをよく使ってる。

子どもの場合は言葉を理解するのでワードの選択は重要だが、犬の場合は共感しているという姿勢の方が重要だ(もちろん子供にも大事だが)。

それに犬の場合、変なテンションで「いい子~」と叫んでも、共感は伝わらずに「なんか人間が興奮してる」と受け取られることもありそうだ。

褒めてもなんかうまくいかないと思っている方は、こうなっているのかもしれない。

「いい子~」を多用していた方は、とりあえずこれを禁句にしてみよう。

その代わりに、心からの関心や共感を示してみよう。

何かするというよりは、本当にそう思うことで表情や態度が変わって犬に伝わる。

言葉をかけるのなら先にあげたものもいいが、それ以外にも自分たち独自のものを考えてみよう。

いいのがあったら、ぜひコメント欄で共有していただきたい。

 

にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のはっちゃん」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-コミュニケーション, 犬の気持ち
-, , , ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。