ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

問題行動 散歩

引っ張ったら急に方向転換する!?

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

雨予報だったがなんとか散歩に行けるかもしれないと思って起きてみると、犬たちのテンションが低い。

ごはんの後すぐにベッドで本気寝モードになっていたので、予報より早めに雨が降るなと思った。

するとやはり犬予報のほうが正しくて、6時台から強い雨が降り出した。

一日中降ったり止んだりで風もあったので、家でゆっくり過ごした。

 

 

今日はペペさん(ヨーキー♂2006年没)の命日だったので、はっちゃん(秋田MIX♂8歳)の腕枕をしながらペペ兄さんのお話をした。

みんなそれぞれつらく悲しい過去があるが、考えてみたら生後3か月ごろにうちに来たキキさん(サビ猫♀2018年没)だけは比較的平穏な一生で、健康で長生きだった。

ストレスは生活の質を低下させるだけでなく寿命を縮めるので気を付けたい。

ネットを見ていたら、犬がぐいぐいリードを引っ張っていたら急に方向転換するように勧めているサイトがあった。

画像を見るとハーフチョークを使っているようだった。

だが普通の首輪であっても、これは犬の頚椎やその周辺の器官や神経に大きなダメージを与えるので、間違っても試さないでいただきたい。

ハーネスでも体が痛いだろう。

犬は急に人が方向転換したら驚いて一瞬ひるんで立ち止まる。

その一瞬だけ引っ張りはなくなるだろうが、またすぐ引っ張るだろう。

するとまた方向転換されることになり、すぐに犬はイライラしてくる。

するとかえって引っ張りは悪化するだろう。

しつこくこれをやられていると、あきらめてトボトボ歩くようになるということもありうる。

昔ながらの強制訓練はそうやって犬の心をくじくのが定番だ。

犬の健康を害するだけでなく心にもダメージを与えながら「お利口な犬」にして何が楽しいのだろうと思うが、支配的な性向がある人には満足なのだろう。

だが犬にとっては迷惑千万だ。

こういう急な方向転換は論外だが、犬が匂いの追跡や興奮などで一方向に向かってぐいぐい進んでいるときには、いったん止まって方向転換したり他の道に行くようにすると収まることがある。

もちろんそのときは、犬に提案することが必要だし、犬がどうしてもいやだと言ったら犬の希望に従う。

いきなり急に有無を言わさず行うようなことではない。

常に犬に聞いて、犬と話し合うということを忘れないようにしよう。

 

心も体も傷つけたらだめだよねと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-問題行動, 散歩
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。