ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

ボディランゲージ 犬の気持ち 生活の質向上

こんな起こし方はNG

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

おとといの夜は庭で寝たマルちゃん(大型犬MIX♂12歳)、昨夜は部屋に戻ってきてベッドで寝た。

すっかりいつも通りになっていて安心した。

はっちゃん(秋田MIX♂8歳)はまだ少し不安なようで、珍しくわたしの腕枕で寝た。

明日にかけて天気が崩れるのでそれもあると思う。

 

 

買出しに出かけたいところだが、まだまだおあずけだ。

それでもふたりとも音への反応がぐっと減り、日中はぐっすり寝て過ごすようになっていた。

せっかくまったりしていたのに、あいにくガス屋さんが点検に来るという電話があった。

マルちゃんは庭で熟睡中だったので、遠くから声をかけて起こし、まばたきしたり顔を背けたりしつつカーブを描きながらゆっくり近づいて行った(カーミングシグナル)。

寝起きでぼんやりしていたので、驚かせないように慎重を期したのだ。

そばに行って事情を説明してお願いすると、ゆっくり起き上がって部屋に入ってくれた。

高齢になって少し反応が遅くなったので、急かさないようにスローペースで接するようにしている。

 

 

ガス屋さんは帰り際に庭から部屋をのぞき、はっちゃんを見てなぜか喜んで手を振るなどの奇妙なしぐさをして吠えさせていた。

ごくたまにこういう人がいるので、次回はカーテンを閉めておこう。

犬が寝ているとき、起こそうとしていきなり触ったりなどすると驚かせてしまう。

びっくりした拍子に反射的に噛みつくこともあるだろう。

故ルルさん(ヨーキー♀2017年没)は一緒に寝ていてうっかりわたしの手が当たってしまうと、驚いて寝ぼけながら歯を当てようとして、はっと気づいて思いとどまっていた。

そこがすごいといつも感心していたが、寝ぼけついでに噛んでしまう犬もいる。

反射的とはいえ犬は自分の行為にショックを受けることになるので、そういう事態はなるべく避けたい。

わざと雑な起こし方をするなど論外だ。

どうしても起きてもらわないといけない場合は、遠くからやさしく声をかけてみよう。

そしてすっかり目覚めるまでは、急に近づいたり体に触ったりなどしないようにしたい。

近づく場合も、上に書いたようにカーミングシグナルを出しながらゆっくりした動作にしよう。

犬には常に最大限の配慮をしたい。

 

寝ているところを急に触られたら驚くよねと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-ボディランゲージ, 犬の気持ち, 生活の質向上
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。