ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

コミュニケーション 犬の気持ち

「犬好きさん」あるある

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

早朝は晴れていてそれほど寒くなく、冬の散歩日和だった。

はっちゃん(秋田MIX♂8歳)と町家ストリートを歩いていると、前方から赤黒2頭引きの柴犬さんが来た。

何度か会ったことがある高齢犬たちで、こちらに興味を示さずゆっくり歩いているのではっちゃんも大丈夫そうだった。

それでも脇道に入るのだが、今回はすぐそばに脇道がなかったので家の軒下で待機した。

はっちゃんはじっと観察しながら平然とやり過ごし、すれ違ったらすぐに残り香を嗅ぎに行った。

数メートルの道幅でも、相手がおとなしかったらスルーできるようになった。

それほどたくさん歩かずにショートコースで帰宅すると、「はーやれやれ」と庭の駐車スペースで休憩。

最後に残っていたミニトマトをちぎってあげると、ぱくぱく食べてくれた。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0388a-1024x770.jpg

 

待ちかねてピーピー鳴いていたマルちゃん(大型犬MIX♂12歳)は、今日も帰り際に2頭連れお友達に会えたのでご機嫌だった。

 

わたしに甘えに来るゴールデンちゃん ↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0390-1024x770.jpg

 

マルちゃんは自分の散歩はもう終わったのに、後を追って少し一緒に散歩した。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0392a-1024x770.jpg

 

犬たちはときどきお互いに匂いを嗅ぎ合いながら歩いていた。

そこにいつも会って挨拶する女性がやってきた。

いかにも犬好きという感じの人だ。

「あら、この子たちとお友達だったの」と言われつつ、そっと挨拶に行くマルちゃん。

マルちゃんはいつも「撫でて」と近づくのだが、この人は犬好きそうなのに撫でない。

だがゴールデンちゃんのことは、「撫でて」と言っていないときに撫でていた。

犬と接するときは、犬がどう言っているかをよく聞くこと、すなわちボディーランゲージをよく見ることが大事だが、犬好きな人に限って自分のタイミングで撫でたがりがちだ。

そのうちにマルちゃんは、地面に散らばっている食べ物のカスのようなものの匂いを嗅いてちょっと舐めたりしはじめた。

するとすかさずその人に、「あー、こらこら、食べちゃダメ」と言われた。

カスをちょっと舐めるぐらい何の問題もないし、マルちゃんは執着せずにすぐに止める。

そしてお友達犬ちゃんのところに戻って匂いを嗅いでいると、ミックス犬ちゃんが軽く唸った。

マルちゃんがちょっと近づきすぎたのだ。

するとまたここでその人は、「唸っちゃダメでしょっ、どうしたの」などと言う。

この一連の行動は、犬と暮らしている人や犬好きな人あるあるだと思った。

こういう人はとても多いが、犬の行動を人間的な基準で判断しているという点が問題だ。

これも擬人化の一種と言えるだろう。

犬には犬独自の考えや感情がある。

それを尊重するともっと犬から好かれ、信頼されるだろう。

 

こういう人多いよねと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-コミュニケーション, 犬の気持ち
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。