ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

散歩 生活の質向上

納得いくまで検分させてあげよう

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

今日ははっちゃん(秋田MIX♂8歳)の誕生日なので(誤差数日)、かぼちゃと豆腐のごはんとリンゴでお祝いする。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P1250806a.jpg

和風の庭にマッチしすぎているはっちゃん。

 

涼しいうちに散歩しようとさらに早く出たら、今朝はちょっと肌寒かった。

だが犬たちにはこれぐらいがちょうどいい。

はっちゃんはフルコースでゆっくり散歩を楽しみ、マルちゃん(大型犬MIX♂12歳)も快適そうだった。

はっちゃんのお気に入り町家ストリートには、ところどころにレトロな店が店舗がある。

それらを眺めながら歩くのは楽しいし、はっちゃんもマーキングなどせずにとても行儀良くぶらぶら楽しんでいる。

ここではマーキングしないし(河川敷では少しする)、たまに門扉にしそうなときには「やめとこうね」と言うとやめる。

一軒、珍しくビン牛乳の配達をやっている店があって、いつも店先に空きビンが入ったケースが置いてあるところがある。

はっちゃんはこれまでちょっと不思議そうに眺めながら通っていたが、今日は足を止めてゆっくり匂いを嗅いだ。

空きビンを嗅いでいるだけなのだが、人が見ると舐めていると誤解されて文句を言われるかもしれない。

だが、ゆっくり検分してもらった。

こういうとき、リードをグイッと引っ張って「やめなさい」などと言いたくなる人は多いだろう。

だが、興味があるものは最初にじっくり検分してもらえば気がすんで、そのあとはどうでもよくなったりするものだ。

いつまでも確認できないと、ずっと気になり続けるし、逆に執着するようにもなりかねない。

はっちゃんは今回よく確かめて納得したので次はスルーするだろう。

なんでも禁止して自由を奪ってしまうと、犬はフラストレーションをためたままモヤモヤした状態で散歩を終えることになる。

当然散歩の質が下がり、満足度が低くなってしまう。

犬の自由を最大限保障することが大事だが、そのためにはその犬がリラックスしてのんびり歩ける場所を選択しよう。

他犬に反応する犬だったら犬がいない場所がいいし、マルちゃんのように大型車両に反応する犬だったらそういう車が通らない場所だ。

自分の犬がどこだったらリラックスしてのびのび歩けるかを見極め、いい場所を選択しよう。

 

検分大事だよねと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-散歩, 生活の質向上
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。