ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

アニマルライツ 散歩

犬をバイクで引っぱらないで!

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

気温が上がるという予報通り、日中は暑すぎるぐらいの陽気だった。

休日なのできっと河川敷は混んでいるだろうと思ったが、はっちゃん(秋田MIX♂7歳)は工場探検に出かけた。

いつもダンプが向かっている先に大きな工場があるのだが、今日は休みなので車も人もいない。

そのタイミングに合わせたかのように、工場の周りの広い敷地をゆっくり探検した。

そんなところを歩く人などいないし、車もほとんど通っていなかったので、リラックスしてのんびり歩くことができた。

そのあと、河川敷を抜けて町家と近所を軽く歩いたが、やはり人にはほぼ合わず。

だが、次のマルちゃん(大型犬MIX♂11歳)の河川敷散歩のときには、人間4~5名とすれ違い、犬を2頭回避した。

犬1頭は黒柴さんで相手が先に回避した。

もう1頭はビーグルだったのだが、堤防の下の道からバイクにのった人に引っ張られながら急に出てきた。

はっちゃんと歩いているときに、遠くから河川敷を眺めていると、ジャーマンシェパードをバイクで引っ張っている人が見えた。

シェパードは腰が悪そうによろけながら遅れがちに走っているようだった。

ビーグルさんはがりがりに痩せてあばらが浮き出ており、ひどく興奮しながらこっちに向かってくる。

わたしたち原っぱの方に避難して距離を取っていたが、こちらに近寄ろうとしながら吠えてきたので、マルちゃんもガウっと吠え返した。

バイクで引き運動するのはわたしが見たところ圧倒的に初老男性が多く、犬のことは無視して自分のペースでぐいぐい行く。

今日の2名もまさにこれだった。

自転車での引き運動でも、犬は自分のペースで歩けずに早歩きを強要されるためつらいが、バイクならなおさらだ。

わたしは虐待だと思っている。

犬を苦しめるのはもちろんだが、ストレスと興奮で犬の攻撃性を高め、判断力を鈍らせ、さらには道路交通法にも抵触するので、社会的に許容されない行いだ。

いつもより人出が多い休日に限ってよく見るが、こういう愚行がなくなるよう願っている。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P1250745a.jpg

「ちょっと!ごはんまだ?」

 

引っ張られている犬たちに心を痛めている方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

ご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。

Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。

http://pono2.info/ntpt

●インスタグラム、「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-アニマルライツ, 散歩
-,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.