ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

コミュニケーション 犬の気持ち

実はいい子だったことに気が付いた

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

【お知らせ】

リードワークのワークショップ(犬なし)のご案内ページを作成しました。
大阪(9/10土)、東京(9/17土)ともにお申込できます!
みんなで楽しく練習しましょう。

http://home.ponoponoblog.info/news/

 

昨日から断続的な雷雨に見舞われている。

犬たちがいたらさぞ不安がっただろう。

怖い思いをせずに済むのはいいことだと自分に言い聞かせている。

雨が止んだときにさっと散歩に行ってきた。

やはり花が少し元気になっている。

 

 

 

久しぶりにはっちゃんの散歩ルートを通ってみたが、まだかなり辛かった。

無理は禁物だ。

昨日の記事で、他の犬や人と会ったときに尻尾をぴんと立てる犬は頑固な性格の犬とする主張を取り上げた。

尻尾はその時々の感情を表現するコミュニケーション手段であって、尻尾の状態から直ちにその犬の性格を導き出すのはあまりに乱暴な考えだ。

わたしたちは「この犬はこんな性格」とすぐに決めつけたがるが、実際にわたしが観察したところと犬の同居人の評価が異なっているケースは多々ある。

ずっと以前にイギリスに研修に行ったときに、おどおどしていて神経質なジャーマンシェパードさんが参加していた。

その犬の同居人のドッグトレーナーは、「この犬は confident(自信満々)だ」と言うので、わたしはconfidentの意味を間違って覚えたのか、それとも聞き間違えたのかと思った。

あとで主催者側のトレーナーたちと「違うよね」と話して納得したということがあった。

おそらく、怖かったり不安だったりして立ちすくんだり拒否したりするのを見て、じしんたっぷりに人間をコントロールしようとしてると思ったのではないだろうか。

似たようなケースが「拒否柴」だ。

「ちょっと休みたい」とか「嫌だな」という気持ちから動かなくなったり動けなくなったりするのを、「わがままな性格」とか「頑固な性格」などと決めつける。

犬が人間にとって好ましくないことをしたときに、この犬は性格が悪いと犬のせいにしているのだ。

性格が悪いのはどっちだと言いたくなるが、こういう決めつけはしばしば行われている。

自分の犬だけでなくよそのうちの犬についてまでジャッジする人もいるので嫌になる。

はっちゃん(秋田MIX♂享年10歳)は、再保護直後に「きつい性格の犬」呼ばわりされたことがあった。

トラウマからのリハビリ中であることを説明したら、その後の回復過程をあたたかく見守ってくれたが、よその犬のことをあれこれ言わないでほしいものだ。

「うちの犬はこういう性格だ」と思っても、環境と接し方を変えたら実は全く違っていたというケースは、PONOPONOでは定番だ。

人間でもストレスいっぱいだとイライラして八つ当たりしたり、やけ酒を飲んだりなどの自暴自棄的な行動をしたりすることがある。

だが環境が変わって生活に余裕ができたら他人にも自分にもやさしくできるようになったりする。

はっちゃんは興奮しやすいところがあるので、慢性ストレス状態になるとガウガウ噛みつき大暴れしてしまうことが容易に想像できた。

実際、再保護する前はまさにそんな状態だった。

わたしはそれ以前の天真爛漫なはっちゃんをよく知っているので、これが外的な要因によるものであることがわかっていたが、知らない人だったら乱暴で手が付けられない犬だと思うだろう。

それもあって再譲渡するのはやめてうちに迎えたのだ。

PONOPONO実践者さんたちは、攻撃的でどうしようもないと思っていた犬が、接し方を変えたらとてもやさしくて賢い犬だったことが分かった、というようなことをよく証言している。

ストレスが減ってその犬の個性が発揮されるようになったということだろうとわたしは思っている。

それとともに、人間側も意地悪な見方をしなくなったのではないだろうか。

犬の気持ちを理解して、犬の立場に立って考えることが習慣化してくると、いいところが見えてくるようになるのだと思う。

犬にとっても人にとっても幸せなことではないだろうか。

ここではっちゃんからひとこと。

+++++++++++++++++++++++++++++++

やぁみんな、こっちは昨日から雷が鳴ってるよ。

だけど家族みんなで一緒にいるから安心なんだ。

 

 

ボクはみんなに言いたいんだ。

「うちのわんこはなんでこんなこともできないんだろう」とか、「よそのわんこはいい子なのにダメだなぁ」とか、そんな風に思ってないかな?

わんこはそれぞれみんないい子だよ。

苦手なことも得意なこともあるし、おとなしかったり、大胆だったり、慎重だったり、食いしん坊だったりいろいろだけど、そういうのも含めてみんないい子なんだ。

他のわんこと比べたりせずに、ただ大好きでいてくれたらそれでいい。

大好きな相手のことは大事にしようと思うし、気持ちよく楽しく暮らせるようにするもんね。

うちのおばちゃんはボクやマル兄やルル姉やネコさんたちのことが大好きだったから大事にしてくれたし、ボクたちもおばちゃんのことが大好きだからとっても大事にしてたよ。

そういうのってすごく幸せだと思う。

みんなも幸せに暮らしてほしいな。

 

にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

https://home.ponoponoblog.info/

●インスタグラムはこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-コミュニケーション, 犬の気持ち
-, , ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。