ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

散歩

足の運びが見える速度で歩こう!

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

悪天候を利用して、不動産屋との打ち合わせに行ってきた。

引っ越し先の話が進みそうなので、あわせてこちらの家の処分も進めていかないといけない。

引っ越しシーズンにかかるのが嫌なので調整する必要もある。

急にバタバタすることになりそうだ。

お留守番でちょっと不満なはっちゃん(秋田MIX♂7歳)。

雨が上がったので草を食べて機嫌を直す。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1250484a.jpg です

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1250482a.jpg です

 

ネットを見ていたら、犬以外の動物が人間の後をついて歩く動画がいくつかあった。

人間が先に歩いているものばかりだったが、動物たちが追い付こうと必死で、とても気の毒だった。

なぜゆっくり歩いてあげないのだろう。

動物の脚の長さを考慮してほしい。

全く同じことが犬についても言える。

犬と人間では脚の長さが違うし、小型犬と大型犬でもずいぶん違う。

小型犬が人間の速度に合わせようとすると、足の運びが見えないぐらいの高速で歩く、というより走ることになる。

それだと犬は興奮してしまい、まったり散歩にはならないし、散歩の質が下がってしまう。

大型犬の場合も、普通に人間がすたすた歩く速度では早すぎる。

引っ張りがある場合は引っ張りについて行かないようにテンションをかけたり緩めたりしながらスピードを調整しよう。

引っ張りがない場合は、犬が無理なく歩いているか、ブラブラのんびりしているかどうかをよく観察しよう。

まっすぐにすたすた歩くのは人間のウォーキングであって、犬の散歩ではない。

リードワークレッスンをするとほとんどの方が早足なので、ときどき自分で速度を確認してみるといいと思う。

 

足の運びが見えないかもと言う方も、ちゃんとゆっくり歩いてるよという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

ご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。

Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。

http://pono2.info/ntpt

●インスタグラム、「マル・ハチときどきヤギさん」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-散歩
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。