ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

散歩

狭い道でのヒヤッと

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 

久しぶりにネコさんの餌やりショーに行き合わせたはっちゃん(秋田MIX♂9歳)。

ゆっくり鑑賞してご機嫌だった。

そのあと漁村の路地に入ると、前方から顔見知りの高齢犬さんがやってきた。

日中は家の前に長いロープでつながれており、朝晩は部屋の中にいるらしい犬でよく咳をしている。

繋がれているときにはっちゃんが家の前を通ると軽く吠えるが、とりあえず吠えているという様子だ。

今日は高齢男性と散歩をしていたが、人同士でもすれ違いが厳しいぐらいの狭い道なのに、ずんずんやってくる。

広い道であればすれ違えそうだったが、この狭さではどうにも無理だ。

そこでわたしはすぐにはっちゃんに声をかけて引き返した。

はっちゃんも落ち着いて「そうだね」と広い場所まで戻り、そこですれ違った。

お構いなしにずんずん歩いてくるのは男性に多いが、迷惑な話だ。

それでもはっちゃんは、興奮することもなく余裕で対応していてさらなる成長を感じた。

ちなみに狭い道でネコさんと鉢合わせしたときも、相手を驚かせないようにシグナルをたくさん出しながら、上手にやり過ごしている。

えらいね、はっちゃん!

 

「日向ぼっこしながら歯磨きガム食べるのっていいね」。

 

何度も書いていることではあるが、散歩中に人や犬やネコや自転車などと遭遇したとき、自分の犬が落ち着いていてもすれ違う時には必ず間に犬と相手の間に自分が割って入るようにしよう。

こうすると犬は安心する。

相手が不測の動きをしたときにも、自分の体でブロックしやすい。

 

また、今日のわたしたちのようにとても狭い道で遭遇したときは、自分の犬と相手の安全のために、広い場所に戻ったりわき道に入ったりなどして待機していよう。

相手の人の何気ない動きや匂いなどが犬を不安にさせることもあると思うので、わたしは必ずそうしている。

自分の犬の行動はかなり予測がつくが、人間の行動は予測不能だ。

いきなり手を伸ばしたり、急にガバッ腕を上にあげたりするかもしれない。

これらは過去に何度か経験したことだ。

避難場所に行くまでの間に相手が近づいて来ないように声をかけておくと安心だ。

それでも今日のようにグイグイ来られることもあるが、たいていはうまくいく。

犬がなかなか聞き入れてくれなくても、毎回やっているとだんだんスムーズに移動できるようになってくる。

はっちゃんも再保護後しばらくは「なんで?嫌だよ」と言っていたが、今は自分で率先して動くようになった。

こういう変化には何年もかかることもあるので、焦らずに淡々と続けよう。

 

狭い道でのヒヤッとってあるよねと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のはっちゃん」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-散歩
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。