ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

問題行動 散歩

ジャークで吠えは治らない

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 

晴天続きで気分がいいのか、朝から散歩モード全開のはっちゃん(秋田MIX♂9歳)。

門のところまで飛び跳ねながら行くのだが、外に出るとおとなしくゆっくり歩くのがおもしろい。

今日もたっぷりブラブラして、ゴロンゴロンして休んでから帰った。

 

 

 

家の前まで来たときに、藪の中に動物の気配がした。

そっと近寄って匂いを嗅いでいると、突然「ブフォッ」と威嚇された。

はっちゃんは驚いて「ひゃーっ」とばかりに早足で門の中に駆け込んだ。

こういう所がかわいい。

今日は散歩中に2回も吠えられたが、はっちゃんはスルーしていてずいぶん成長したものだと思った。

そのうちの1回は初めて見るヨーキーさんだった。

車から吠えてきて、そのあとすぐに近くに駐車して車から降りて散歩を始めた。

「ルル姉さんと同じヨーキーさんだね」と言いながらゆっくり遠ざかっていると、けっこうな距離からずっと吠えてくる。

するとリードを持っていた高齢の女性は、吠えるたびに乱暴にグイっとジャークする。

そしてリードを引きずりながら速足で歩いて行った。

首輪を使っていたので、その状態でジャークされると小型犬の体は深刻なダメージを受ける。

もちろん、そんなことをしても他犬への吠えは改善しない。

恐ろしい光景にフリーズしつつ、とても悲しくなった。

今日は長老キキ姉さんの命日で、そんな日にキキさんと仲の良かったルルさんと同じヨーキーさんに会えたと思ったら、かわいそうな目にあっていたのだ。

ブログ開設当初からずっと書き続けているが、首輪は重要な神経が通っていてデリケートな部位である頸部に装着するので、急激なあるいは軽度でも持続的な圧がかかることによって頚椎や気管や神経にダメージを与える。

なので、必ず首に負担をかけないハーネスを使っていただきたい。

さらに、急激な力を加えるジャークによって頚椎がずれたり損傷したりするので、そのようなリード使いは絶対にやめよう。

ハーネスでもジャークしたら体に悪影響があるので、急にガツンと衝撃をかけないように、リード使いには常に気を付けたい。

もし知り合いで首輪を使っている人がいたらハーネスを勧めてみよう。

すんなり聞き入れてもらえるとは限らないし、わたしもなかなかうまくいってはいないが、言ってみるだけ言ってみるといいと思う。

気づかずに犬に負担をかけているということはよくあるので、情報を共有していけたらいいと思う。

 

にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-問題行動, 散歩
-, , ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。