ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

犬の気持ち 生活の質向上

気づかずに犬を怖がらせているかも

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

天気予報通り雨雲が垂れ込めていた。

はっちゃん(秋田MIX♂9歳)はごはんを食べたのち、ゆっくり庭トイレに行った。

庭でウンチをしたということは、散歩に行かないということだ。

部屋に戻ってくるとベッドに直行して二度寝態勢だ。

わたしも傷が痛んで頭もお腹も痛かったので、いっしょにのんびり過ごした。

 

 

暑くなってからはっちゃんは床にじかに寝ていることが多くなった。

わたしのベッドの下のこの場所がお気に入りなので、犬ベッドをここに置いてみたら見事によけて寝ていた。

床の方が気持ちいいそうだ。

明日は天気が回復するようなので散歩を楽しみにしている。

わたしたちが散歩に行く時間帯はウォーキングのお年寄りがよく歩いている。

昨日は少し背中が曲がっているがそれほど高齢に見えない男性が歩いていた。

友人らしき人に会って話しているのが聞こえて来たのだが、もうすぐ95歳になると言っていてちょっと驚いた。

散歩のような軽い運動は健康維持に大切だと再確認した。

こういう高齢男性たちの中に、杖を振りながら歩いている人が複数いる。

草を払いながら歩く人もいるのだが、そういう人を見るとはっちゃんはかなり遠くから警戒する。

長い棒状の物を「手」という四つ足さんたちにはないものを使って振り回す人間は脅威だ。

というか、わたし自身もちょっと警戒する。

はっちゃんはずっと注視しながら距離を取ってすれ違おうとするし、わたしもそうだ。

うちに来る人には棒状のものをはじめあやしげなものは持たないようにお願いするし、もし必要だったらわたしが持つようにしている。

マルちゃん(大型犬MIX♂享年13歳)はとくにこういうのが苦手だったが、わたしが持てば大丈夫だった。

マルちゃんはうちに来る前に嫌な経験をしたのかもしれない。

そんなことがあってもなくても、犬の前では棒状のものはもちろんのこと、手に持った荷物類を振り回さないようにしたい。

振り回している意識はなくても、素早く持ち替えるとか、上の方に持ち上げるような行動は犬を不安にする。

訪問者は無意識にそういうことをしやすいので、すぐに渡してもらうかどこかに置いてもらうようにしよう。

弱い立場の者に対する配慮を常に忘れないようにしたい。

 

棒を怖がるよという方も、そうでない方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-犬の気持ち, 生活の質向上
-,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。