ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

日々のケア

ノミダニ予防は三者で決めよう

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

朝ご飯の後、犬たちがそれぞれ本気寝モードになった。

天気予報では曇りだったので散歩に行けると思っていたが、どうやら行けないらしい。

そこでゆっくりしていたら、日が出てきてはっちゃん(秋田MIX♂8歳)が庭散歩を始めた。

やっぱり外に行けるかもしれないと思って準備をしていると、はっちゃんが戻ってきて強い雨が降り出した。

いつもながら犬たちの天気予報は正確だ。

そのあとも不安定な天気だったので、はっちゃんは部屋で、マルちゃん(大型犬MIX♂12歳)は庭で寝て過ごしていた。

明日も似たような天気のようで残念だが、こんな時にはゆっくり休息しよう。

 

 

 

「なんか変な天気だね」とマルちゃん。

暖かくなってくると散歩がひときわ楽しくなるが、散歩のときにノミダニを付けて来やすくなる。

そろそろノミダニ対策をする季節になった。

いつから、どういう方法で行うかは散歩環境に照らして考えよう。

うちは沖縄に住んでいるときには通年、内服薬を使っていた。

だが、前住んでいたところは冬は寒かったので暑い季節だけにしていた。

今度のところは森でイノシシがいるようなのでノミダニもたくさんいそうなので、少し前に内服薬を飲んでもらった。

滴下式は皮膚トラブルを始めその他の副作用も聞くので内服薬にしているが、はっちゃんはお薬まぜご飯を嫌がるのが難点だ。

いくつか試して、ネクスガードプラス(フィラリア予防も含む)は嫌がらなかったので、このところはこれにしている。

高齢や病気、その他の理由であまり散歩に行かず、住んでいる場所がそれほど自然豊かでない場合は、何もしなくても、あるいはハーブなどのマイルドな予防でも大丈夫なこともある。

うちではお散歩があまり好きではなかったルルさん(ヨーキー♀2017年没)は、体が弱いこともあって何もしていなかったが、ノミダニが付いたことはなかった。

ハーブ系は匂いを嫌がることがあるので、犬によく聞いてみよう。

薬を使う場合は、常に副作用の危険性を意識して、体調の変化がないかよく観察したい。

どの方法がいいかは、かかりつけ獣医に相談するのが安心だ。

とくに持病がある場合は相談するに越したことはない。

その上で、犬が嫌がらずに受け入れてくれる方法を採用しよう。

お世話係、獣医、当事者である犬の三者で決めるということだ。

犬の意見は見落とされがちなので気を付けたい。

 

ノミダニ予防始めたよという方も、これからだよという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-日々のケア
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。