ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

コミュニケーション 散歩

裁量範囲を広げると余裕が生まれる

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

今日はすっきり晴れるだろうと思っていたら、起きたら雨が降っていた。

犬ごはんのあとの食休み中に雨は上がったがすっきりしない天気だ。

でも、はっちゃん(秋田MIX♂8歳)は元気に散歩の準備をしている。

神社の境内に着くともぐら塚ができていたので、そこでしばし足止めされる。

そのあとネコさんポイントをチェックしたが、今日は誰もいなかった。

天気もいまいちだったので、道草せずにさっと帰宅した。

他方のマルちゃん(大型犬MIX♂12歳)は、とても楽しそうだった。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200927_102307-1024x768.jpg

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200927_102406-1024x768.jpg

「この崖を上るのが好きなんだ」

 

写真に撮ってみると、ふたりとも散歩中は笑顔が多い。

リラックスしてのんびり歩くとこういう表情になるという一例として見ていただきたい。

はっちゃんが散歩から帰ってきたとき、隣家のダックスちゃんが庭にいて吠えかかってきた。

だが、そばに行く前姿が見えたので、はっちゃんは大きく迂回して門を入った。

もちろん吠えたり過剰反応したりせず普通にスルーしたのだ。

安全な距離を自分で取ることができれば、犬にかかるストレスをかなり減らすことができる。

安心感があるので、吠えたり突進したりしなくてすむのだ。

短いリードをハンドラーがしっかり固定してしまっているとそういう対処ができなくなる。

逆に長いリードを犬に動きに合わせて伸ばしたりたくしたりすと、犬の裁量範囲が広がって余裕が生まれる。

これもロングリードを使う理由の一つだ。

ただし注意したいのは、「犬に動きに合わせて」というところで、犬が突進しようとしているときはテンションをかけて突進を止める。

まだ余裕があって自分で避けようとしているときにはリードを緩めて距離を取れるようにする。

すべて犬の動きを見ながら行うことが重要ということだ。

これも犬との無言のコミュニケーションで、コミュニケーションがうまくいくようになるとスムーズに動けるようになる。

最初からうまくはいかないので、気長に取り組もう。

 

呼吸がぴったりだよという方も、まだこれからだなぁという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-コミュニケーション, 散歩

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.