ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

コミュニケーション 犬の気持ち

犬がされて嫌なこと

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

ずいぶん日が短くなったと思ったらもうすぐ秋分の日だ。

犬たちが朝食に起きてもまだ暗いということが増えてきて、すると犬たちの起床も遅くなり、こうして冬時間にシフトしていく。

昨日の天気予報では曇りだったのに、起きたときには雨が降っていた。

犬たちはすぐにベッドにUターンして、「今日は散歩無理だね」と寝ていた。

そのあともすっきりしない天気で、わたしはひどく頭が痛かった上に、風邪ぎみで口内炎ができていた。

はっちゃんもソワソワ気味だったので、午後少しいっしょにまったりした。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200920_151946a-1024x770.jpg

「今日はゆっくり休む日だよ」

 

撫でていてふと手を止めると「もっと」と前足で掻くようなしぐさをする。

ルルさん(ヨーキー♀2017年没)もよくそうやっていた。

はっちゃんは頭同士をくっつけたり、頬を寄せ合ったりすると「く~ん」という声を出して喜ぶ。

わたしは手を使って撫でる以外は犬になったつもりで動くが、はっちゃんもそれが好きだ。

人間の動きと犬の動きは違うが、犬は人間のことをよくわかっているので受け入れてくれる。

だが犬式のほうがより喜ばれるようにわたしは感じている。

人間式で犬がとても嫌がるのは、いきなりぎゅっとハグすることだ。

体に手を回す、顔を両手で挟むなども、知らない人からやられるのは嫌がる犬が多い。

これは研究によっても実証されているが、やはり犬同士がやらないようなことはあまり好きではないと考えた方がいいだろう。

手を目の前に突き出すとか、大きく動かすとか、二足歩行状態で足を使うなどだ。

人間の手に噛みつこうとする犬でも、頭を近づけることには反応しないことがある。

ただし、噛んでくる犬もいるので、ボディランゲージがよくわからないときには試さない方がいい。

だが考えてみれば、親しくない人にいきなりハグされたり体を触られたりするのはわたしたち人間だってお断りだ。

それに親しい相手でも、嫌な場所を触られたり、痛いことをされたりするのは嫌だ。

犬に対してだったらやっていい、犬は人間がすることを受け入れるべきだと考えるのは傲慢すぎる。

人間同士でも相手の同意が必要なように、犬に対しても同意が必要だ。

犬はボディランゲージで表現しているので、それを人間が読み取ることが大切だ。

さらに、犬が言っていることがわかったら、それを聞き入れることも重要だ。

犬の意向を無視するような接し方を「しつけ」の名のもとに正当化してはいけない。

犬の意見にいつも耳を傾けていると、犬も自分のことを好きになってくれる。

人間同士の関係と同じだということを常に意識しよう。

 

いきなりハグは嫌だよねと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-コミュニケーション, 犬の気持ち
-,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。