ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

問題行動 散歩

パクっとやられるぞ

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

昨夜も暑かったので何もかけずに寝ていたが、明け方になって少し涼しくなってきた。

ベッドカバーの下にもぐりたいところだがマルちゃん(大型犬MIX♂12歳)が寝ているので動かせない。

と思ったら、マルちゃんがわたしの体に頭を乗せて温めてくれた。

ちょっと湿っぽいがなかなか快適だった。

ありがとう、マルちゃん。

朝は日差しがなかった分、快適に散歩することができた。

はっちゃん(秋田MIX♂8歳)は、もぐら塚での根っこ狩りブームで連日神社境内に行っている。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20200627_075645a.jpg

 「いい根っこをしとめたぞ!」

 

動画はこちら。

マルちゃんと川土手を歩いていると、また高齢男性がたむろしていて、いつものパピヨンちゃんがいた。

最初吠えていたがそのうちに吠えなくなった子で、マルちゃんはちょっと気になっている。

今日は「ボク、挨拶しようかな」と少し近づいて行こうとした。

だが、その子の同居人がどこかにいっていたので、「やめとこうね」とリード固定で交渉した。

マルちゃんは、「ん~、そういうならまたにする」という感じで通り過ぎた。

それを見ながらおじさんたちは、「あんな大きな犬だったらひと噛みでやられるぞ」というようなことをてんでにしゃべっている。

うちの犬たちは大型犬なのでよくそういう風に言われるが、マルちゃんは未去勢オス以外にはとても紳士だし、はっちゃんは知らない犬には近づかない。

大きな犬=危険という認識は修正する必要がある。

大きくても小さくても、強い恐怖や不安に駆られたら攻撃行動や転嫁行動で噛みつくことがあるし、興奮やストレス下では噛みつきスイッチが入りやすくなる。

なので、犬が不安や恐怖に陥らないように、きっかけになりそうなことを慎重に回避することが必要なのだ。

どんなことをされても怒ったりパニックになったりしない犬というのは、人間の場合と同じく非常に少ないし、それを目指すべきではない。

わたしたちは犬が不快な思いをしないように、常に気を付けてあげよう。

 

大型犬は怖いなぁという人も、そうでない人も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

 

-問題行動, 散歩
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。