ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

アニマルライツ

犬もルッキズムに苦しんでいる

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

晴れ予報が出ていたので、期待して早朝から散歩の準備をした。

だが、空を見上げると雨雲が出ていて不穏な空気だ。

犬たちも「散歩いこう」と誘いに来ない。

そこでしばらく待機していたら、9時ごろにようやく「そろそろ行くかな」とはっちゃん(秋田MIX♂8歳)がやってきた。

遅いスタートだったが、曇りで風も吹いていたのでそれほど暑くはなかった。

ふたりともたっぷり歩いて満足したようだ。

はっちゃんと歩いていると、よく「それ何ちゅう犬でっか?」と聞かれる。

たいていは初老男性だ。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0114a.jpg

「秋田と柴のミックスだよ」

 

いい犬だなどと言われることもあるが、ちらっと見ただけで性格などはわからないので、たんに自分好みの見た目であるという表明にすぎない。

犬でも人でも、外見についてあれこれいうのはルッキズム(見た目による差別や偏見)である。

日本はとくに女性の外見についてとやかくいう人が非常に多いが、これはジェンダー平等指数の低さともリンクしている。

犬の話にもどすと、「純血種」の犬たちは人間たち(ケンネルクラブ)が決めた「スタンダード」(=外見的基準)に従って、近親交配によって人為的に作り出されている。

その結果、さまざまな遺伝性疾患が蔓延し、生涯にわたってそれに苦しめられることになる。

犬を含め、動物たちは人間の身勝手な欲望を満たすためにひどい目に合っているが、純血種のブリーディングもその一つだ。

純血種の犬を商品として生産し、流通させ、消費することのなにが問題か、よくわからない方がいたらぜひこの本をお読みいただきたい。

 

 

犬を搾取するシステムに加担するのも、やめる方向に進めるのも、わたしたちひとりひとりの選択だ。

 

読んでみようと思った方も、すでに読んだよという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

 

-アニマルライツ
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。