ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

犬の気持ち 社会化

友だち百人いりません

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

今日もよく晴れて気温が上がった。

当然犬たちは散歩モードだ。

早く行こうというので、少しだけ早めに出たが歩いているうちにけっこう暑くなった。

頭も痛くなってきて、ひょっとして発熱したのではと思ったが気のせいだった。

はっちゃん(秋田MIX♂7歳)は住宅地をたくさん歩いたのち、一応河川敷もちらっと見て、また住宅地散歩を続けた。

はっちゃんは都会育ちのせいか舗装道路が好きだ。

まるちゃん(大型犬MIX♂11歳)は河川敷に直行して、そこでまったり匂い嗅ぎを楽しんだ。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20200408_112812a.jpg

 

この写真の正面に写っている家に黒い中型犬がいて、マルちゃんはちょっと近づきたいようだったが、警戒されたのでやめた。

マルちゃんは犬や人が好きなので交流したがるが、そのうちにいい機会があると思うので待っていよう。

犬は社会性が高い動物だが、すべての犬が他犬や人との交流を好むわけではない。

その犬の性格や育ってきた環境、これまでの経験などによっても変わってくる。

マルちゃんは散歩中に友達を作るのが好きだが、はっちゃんは散歩のときは交流せずに家に来た人や犬となら仲良くしてもいいよというタイプだ。

犬は誰とでも仲良くすべきとか、友だちが多い方がいいというのは人間の考えであり、もっといえば偏見だ。

わたし自身にとっても、幼少期、「みんなと仲良く」と言われても戸惑うばかりで、そんなの無理だとしか思わなかった。

犬にもさまざまな個性がある。

他の犬が好きな犬、人が好きな犬、引っ込み思案な犬、ひとりが好きな犬などいろいろいる。

どうしてもこ犬や人は嫌いなということもある。

そういう犬の好みをすべて丸ごと受け入れてあげたい。

こうすべきとか、この方がいいとかいうのは自分の考えでしかないからだ。

無意識に自分の希望を押し付けてしまうことがあるので、常に自省するようにしよう。

 

友だちは多い方がいいと思っていた方も、そうでない方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

ご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。

Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。

http://pono2.info/ntpt

●インスタグラム、「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-犬の気持ち, 社会化
-,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。