ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

インド訪問記

ペチュニアさん、もうちょっとだ!

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

昨日の午後からずっとヒンズー教の説教のような音声が大音響で流れていた。

夜には終わるかと思ったら夜中続いていた。

今日はないだろうと思ったら今度は音楽が流れている。

結婚式か何かかもしれない。

うるさいがそれでも眠れるのでよしとしよう。

今日はかなり元気を回復して楽しく仕事ができた。

わんこさん中心で、ホスピタルに入院中のギプスの子たちのところに行って交流した。

路上暮らしで怪我をしてここに来ているのだが、みんな驚くほど友好的で甘えん坊だ。

 

「背中撫でてー」。

 

次の部屋には同じような柄のわんこさんが二人入っていたが、ひとりがシャイと書いてあった。

ところが入ってみるとふたりとも甘えん坊だった。

 

すかさず靴の上にすわって撫でてという。

 

シャイな方のわんこさんはずっとスリスリしてきた。

早く良くなりますようにという願いを込めてマッサージした。

みんな早くギプスが取れて、元いたところに戻れたらいいね。

このわんこさんは犬舎の外で暮らしている全盲のエンジェルさん。

 

穏やかでやさしくて、名前のとおり天使のような子だ。

犬同士ではときどき小競り合いがおこっているが、人間に噛みつこうとするわんこさんはいない。

道路を歩きながら観察していると、子どもたちがよく子犬と遊んでいるので、それで人間との社会化がなされているのではないかと思う。

子どもたちは慣れたもので、よく気遣ってやさしく接している。

最後の時間帯は子ウシ・ヒツジエリアだったので、子ヤギのペチュニアさんのごはんにもお付き合いした。

朝晩の冷え込みが強くなったので、小さな子たちはコートを着る。

 

 

相変わらず食欲旺盛なペチュニアさん。

食べている間に他のことをしていたら転んでしまった。

「起こしてー」と呼ぶので急いで駆けつけると、もう少しで自分で起きられるというところだった。

自力で起きられるようになるか心配だったが、この調子ならできそうに思えた。

ペチュニアさん、毎日応援しているよ。

 

ペチュニアさんもう少し頑張って!と思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬にやさしいハーネスとリードのご注文は12月上旬までお休みします。

●ツイッターはこちら

https://twitter.com/dogwalkerhakase

●インスタグラムはこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-インド訪問記
-, , , , , , , ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。