ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

散歩 日々のケア

これまで以上に熱中症に注意しよう

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

猛暑日が続いているが、今朝はうちのエリアは比較的涼しかった。

はっちゃん(秋田♂10歳)のために窓を開けて寝ているのだが、わたしは布団をすっぽりかぶってちょうどいいぐらいだった。

はっちゃんは今のところ暑さで参っている様子はなく、元気食欲もある。

今朝は干しミミズを丹念に探していた。

セルフメディケーションかもしれない。

 

「ミミズを食べると元気になるんだ」。

いつも通りの散歩を楽しんで帰ってきたら、隣の家の前にその家の黒猫さんが出ていた。

 

「お隣の猫さん、おはよう」

 

家主のお兄さんが出勤するときに、いつも家から出されている。

外猫さんもいるのでちょっと心配だ。

ここは周りは低山と林なので涼しい場所に避難できるから熱中症の心配はあまりなさそうだが、街中で繋ぎ飼いされている犬は非常に危険だ。

繋ぎ飼い自体が犬の福祉を損なっているという認識も少しずつ広まってきているようだが、まだまだ多いのが残念だ。

全国的に猛暑が報告されているので、家の中にいても、また散歩のときにも十分に注意したい。

うちは朝日が入って窓周辺が暑くなるので、その時間帯はカーテンを閉めてエアコンをかけ、サーキュレーターを回している。

わたしひとりだったら窓を開けるだけで大丈夫だが、犬は人間が快適に感じる温度よりも少し低めにしてあげよう。

散歩は早朝がおすすめだが、犬が行きたがらなければ無理に行くことはない。

犬の意思と自己決定を大事にしたい。

暑い時期は散歩に行かないという犬もいる。

はっちゃんも沖縄では真夏の散歩は一瞬で終わっていた。

夕方は地面が熱くなっているので、いちいち手か素足で触って確認してから出かけたい。

犬が行きたがらなければ夕方は取りやめるか、日が落ちてからでよければ遅くするのもいいだろう。

はっちゃんは日が落ちるころに庭で涼むのを日課にしている。

風が通るので室内よりも気持ちがいいのだ。

怖がりなので暗い時間は散歩に行きたがらない。

気温が高いと日光に当たらなくても熱中症になるので、それも気を付けたい。

ハァハァとパンティングしてきたら、日陰で休んで水をあげよう。

元気がなくなったら危険なのですぐに体を冷やそう。

鼠径部、わきの下、首を保冷材で冷やすといい。

明らかに様子がおかしかったら迷わずに動物病院に行った方がいい。

うちの犬たちは沖縄にいるときもふくめ熱中症になったことはないが、熱中症のような状態でふらふらになって放浪している犬を助けたことがある。

ゆっくり歩いて犬自身に判断力を発揮してもらうPONOPONO散歩は熱中症になりにくいとは言えるが、この異常気象では油断がならないのでみなさんも十分注意していただきたい。

 

猛暑で参っているよという方も、まだ大丈夫だよという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

https://home.ponoponoblog.info/

●インスタグラム「今日のはっちゃん」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-散歩, 日々のケア
-, , ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。