ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

散歩 犬の気持ち 生活の質向上

お友達犬ちゃんがニコニコに

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

朝は寒すぎたが、日中は気温が上がったので庭でお昼寝。

 

 

 

 

暖かいとぐっすり寝ている時間が増える。

今日は外が静かだったのも幸いだった。

マルちゃん(大型犬MIX♂12歳)との散歩のときにお友達犬ちゃんに会った。

同居ゴールデンちゃんが歩行困難になったため、最近ひとりで散歩するようになった子だ。

またしてもマルちゃんが先に見つけたので、わたしもいっしょに遠くから見ているととても生き生きと楽しそうに歩いている。

ふたり散歩のときは行きたいところに行けず、不満層でイラついた様子だった。

そしてときどきオフリードではじけていた。

ところが今日は、オンリードでも落ち着いてゴキゲンだったのだ。

わたしたちを見つけるとニコニコしながら近づいてきて、わたしにもとても愛想よく挨拶してくれた。

こんなにも様子が違うのかと少し驚くとともにうれしくなった。

PONOPONOでは散歩はひとりずつ行くというのが原則だ。

同居犬と一緒だとどうしても相手に合わせざるをえず、好きなところに自由に行くことができない。

それだけでなく、複数頭のハンドリングは非常に危険だからである。

 

ひとりずつだったらその犬の行きたいところに行き、嗅ぎたい場所で好きなだけ匂いを嗅ぎ、休みたいところで休むことができる。

また、仲間を気にせずに同居人とふたりだけの親密な時間を過ごすこともできる。

ひとことで言うと満足度が爆上がりするのだ。

そうかな、大して変わらないんじゃないの?と思う方がいるかもしれないが、今日、お友達犬ちゃんの様子を見て、その違いの大きさに目を見張った。

たぶんみなさんが思っている以上に違うと思う。

なお、これはオンリードの場合で、もしオフリードで広大な場所を歩くというような場合は一緒でもとくに問題ない。

犬は社会性が高いだけに仲間に合わせようとするので、なるべく気を遣わせないように人間側が配慮したい。

 

お友達犬ちゃんよかったねと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-散歩, 犬の気持ち, 生活の質向上
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.