ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

散歩 生活の質向上

犬が満足する散歩ができてる?

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

今朝は犬たち元気よく起きてきて、「散歩に行くよ!」と誘いに来た。

外に出るとうっすら霧雨が降っていたが、雨が苦手なはっちゃん(秋田MIX♂8歳)が大丈夫というので決行した。

はっちゃんは落ち着き払って歩き、たっぷりブラブラを楽しんだ。

次のマルちゃん(大型犬MIX♂12歳)もいつものコースを平和に歩き、おまけ散歩で住宅地に入ったところで、オフリードの柴犬さんがこっちを見ていた。

周囲に人はいない。

じっと立ち尽くして動かず少し警戒しているようだったので、「引き返さない?」と提案したが、マルちゃんは「挨拶するよ」と近づこうとする。

そこで少し位置を変えてよく確認すると女の子であることがわかった。

相手が女の子なら、マルちゃんはガウられても上手になだめることができるので、ふたりでカーミングシグナルを出しながらゆっくり近づいた。

すると柴犬さんも近づいてきて友好的にさらっと挨拶した。

若干薄汚れた感じだったが首輪をつけており、パニクってはおらずひとり散歩を楽しんでいたので、外飼いでセルフ散歩をする犬のように見えた。

ここはひとりで散歩している犬がけっこういるのだ。

だがもし迷子だったら保護しようと思いながら見ていると、川に続く急斜面の藪のほうに楽しそうに消えていった。

かなり慣れている感じだ。

「いなくなっちゃったね」と言いながら散歩を続けていると、どこからともなくまた現れてマルちゃんのおしりに鼻を付けて匂いを嗅いでいる。

散歩を最大限満喫している様子からすると、脱走してきた犬かもしれない。

そしてまたすぐどこかに去って行った。

この一角は車がほとんど通らず、通っても最徐行するエリアなのでその点は安全だ。

満足したら自分でおうちに帰っていくだろう。

オンリードでこの子が満足するような散歩にお付き合いするには、上手なリードワークと高いコミュニケーションスキルが必要そうだ。

 

庭探索を楽しむはっちゃん。

 

多くの場合、人は短いリードで犬が行きたいところに行かせず、人間のペースに合わせて寄り道せずにまっすぐ歩かせようとする。

マルちゃんのお友達の中型ミックスちゃんも、高齢のゴールデンちゃんに合わせて行きたいところに行けずに窮屈そうにしている。

ときどき河川敷でオフリードになっているときは、自由にいろんなところを探索していて楽しそうだ。

人間は草むらや崖などの足場が悪いところにはあまり入りたがらないが、犬はそういうところも冒険したい。

もちろん、中にはルルさん(ヨーキー♀2017年没)のように歩きやすい舗装道路しか歩きたがらない犬もいるだろう。

だが、好奇心旺盛で活発な犬に満足してもらえる散歩をするには、散歩場所の選定から始まって、散歩中の環境コントロール(危険回避など)や必要な時のサポートなど、人間が習得すべき課題は多い。

自分が決めたルートをただ漫然と歩くのは、犬の散歩とは言わない。

犬の散歩というのは、思ったよりもずっと奥深いものだと再確認した。

 

満足してもらえる散歩をしたいなぁと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-散歩, 生活の質向上
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。