ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

ストレス ボディランゲージ 犬の気持ち

その笑顔は幸せな笑顔?

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

朝庭に出たらバケツの水が完全に凍っていた。

土間キッチンに置いていたキンカンもカチンコチンだ。

寝室の室温も低いので、ゆっくりぶらぶら散歩でも歩いたほうが暖かい。

朝は氷点下の冷え込みだったが日中は気温が上がって気持ちがよく、はっちゃん(秋田MIX♂8歳)は長い時間日光浴をしていた。

「今日はあったかくていいね~」と言ったら振り返ってこの笑顔。

 

「日向ぼっこ日和だね」

 

「笑顔」と書いたが、こういうのを「犬の笑顔」でという。

リラックスしていて顔にしわが寄っておらず(力が入っていない)、口が半開きで、目がやさしい。

他方で、SNSの投稿画像などで「笑顔」とコメントされているようなものは、興奮しすぎのストレススマイルであることが多い。

これはフリー画像だが典型的なストレススマイルだ。

 

 

目を大きく見開いていて、口の端っこにしわが寄って、顔に力が入って筋肉がぼこぼこしている。

リラックスの対極だ。

極度に緊張しているときにもよくこういう顔をする。

リラックスした笑顔のとき、犬は幸せな気持ちになっているだろう。

ストレススマイルのときは、文字通りストレスがかかっている。

うれしい興奮もストレスになるので、ストレスマネジメントに集中的に取り組んでいるときは避けたい。

ストレスレベルが下がってすっかり落ち着いた状態になれば、ストレスへの耐性ができるので影響を受けにくくなり回復も早くなる。

もちろん無用なストレスはどんな状況でも回避したい。

ときどき、ストレスをかけたほうがストレス耐性ができるという主張を見ることがあるが、犬は人間主導の暮らしの中ですでに多すぎるストレスを受けている。

ストレスの原因を可能な限り排除したとしても、まだ多すぎるぐらいだ。

ギラギラしたストレススマイルがなくなるように、そして穏やかな笑顔が増えるように努力したいものだ。

 

穏やかな笑顔がたくさん見たいよねと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-ストレス, ボディランゲージ, 犬の気持ち
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。