ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

日々のケア 生活の質向上

過体重は関節と内臓にダメージを与える

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

朝の気温が高めだったのでとても楽だった。

はっちゃん(秋田MIX♂8歳)と散歩から帰っていると、うちの近所の住宅街にさしかかったところであられまじりの雨が降り出した。

雨が嫌いなはっちゃんは、「ひゃー、大変」と早足で家路を急いだ。

だが走らずにお尻を振りながらちょこちょこ歩くので、かわいいな~と思いながら後姿を眺めてにやけた。

はっちゃん、急いでるのに要所要所の匂い嗅ぎは忘れない。

家まであと100メートルというところになって雨が止んだので、ゆっくり帰った。

次のマルちゃん(大型犬MIX♂12歳)のときにはすっかり雨が上がっていた。

午前中は降ったり止んだりだったが、午後になると晴れ間が出てきたのでマルちゃんと庭で遊んだ。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20201225_151106-1024x768.jpg

「ねぇ、遊ぼう」とお辞儀をしながらやってくるマルちゃん。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20201225_151138-1024x770.jpg

顔をスリスリ擦り付けて甘える。

 

と思ったらプレイバウして走り出した。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20201225_151222-1024x767.jpg

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20201225_151257-1024x768.jpg

木片を獲物に見立てて華麗な狩りを披露。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20201225_151325-1024x768.jpg

結局一人遊びになった。

 

でも楽しかったね。

マルちゃんは12歳だがとても機敏だ。

まわりの高齢犬を見ていると、脚や股関節に不具合を抱えやすい純血種の大型犬は、10歳を過ぎたあたりからつらそうになってくる。

それに過体重があったりすると歩行が困難になることもある。

人間もそうだが過体重は足腰に大敵だ。

さらに慢性疾患のリスクも上がるので、太りすぎないように気を付けたい。

ボディーコンディションスコアで検索すると画像が出てくるので、それと見比べてみよう。

プックリしているのは見た目にはかわいいが、動物にとってはリスキーだ。

もちろん痩せすぎもよくないが、普通に家庭で暮らしていて適切なケアを受けている動物は、どちらかといえば過体重リスクの方が高いように思う。

それを防ぐには、まずはメインの食事のカロリーを気にしよう。

ドライフードはあまりカロリーが高すぎないものにして、水でふやかしてからあげる。

4分の1から3分の1ぐらいを手作り食にすると、かさましになってかつ満足度も上がる。

最近うちではレンズ豆とヤーコンの炊き込みごはんにしている。

おやつはオーガニックのフルーツなので低カロリーだ。

市販の犬おやつは添加物たっぷりで塩分、脂肪分、カロリーともに高いものが多いので、それよりはフルーツの方がずっといい。

犬の食べ物は人間が管理しているので調節しやすい。

ちょっと太ってるかもと思ったら、食べ物を見直してみよう。

 

健康維持に気を付けようと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-日々のケア, 生活の質向上
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。