ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

問題行動 散歩

自動巻取り式リードで怖い目に合う

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

今日も暑くなるという予報だったので早めに家を出た。

だが、ちょっと時間がよくなかったようで、ウォーキングの人が多めだった。

土手の上の東屋でもすでに高齢男性たちが集っている。

それでも、われわれの散歩には関係ないのでブラブラ歩き、はっちゃん(秋田MIX♂8歳)は気持ちよくウンチをした。

それを拾ってさあ歩こうとすると、東屋から柴犬さんが吠えながら突進してきた。

犬には自動巻取り式リードが付けられていて、持ち手をガラガラ引きずりながらはっちゃんの目の前まで来てギャンギャン吠える。

ベンチに座っていた高齢男性は持ち手を握っていなかったようだ。

その時点でありえないが、犬を追ってバタバタと音を立てながら一直線に走ってくるのだ。

そのほうがずっと怖い。

そして巻取りリードの重い持ち手をつかんだと思ったら、派手に落としてまたガラガラと音を立てる。

それを拾ってようやく去っていくと思ったら、また落としたのだ。

それを拾うと、「この莫迦が!!」と犬のののしりながら去って行った。

もう、わたしたちもはっちゃんも恐怖で固まっていた。

はっちゃんは目の前で吠えられたが、吠え返さずにフリーズしていた。

莫迦なのは犬ではなく、リードを握っていなかったこの人の方だろう。

自動巻取り式はこのように持ち手を落としやすいし、操作性が極めて悪い。

止めるときにガツンとなるので犬の体に負担をかけて、犬をイライラさせて、いいことはなにもない。

それから犬の散歩は犬のために集中して行うことが重要だ。

自分の不手際を犬のせいにして叱るなど論外だし、非常にはた迷惑である。

この人は犬に八つ当たりしながらまた東屋にもどって行ったが、はっちゃんはその方向には行かずに少し引き返して町家ストリートに行った。

わたしはドキドキしていたが、はっちゃんはすぐに立ち直って落ち着いて散歩を再開した。

町家ストリートでは集団登校の小学生に遭遇したが、平然と避けてやり過ごしていた。

はっちゃん、本当に偉い。

神社境内でもぐら塚を見つけ、狩りの真似ごとをする。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20200624_080044a.jpg

「木の根っこをしとめたぞ!」

 

マルちゃんは犠牲者を出すが、はっちゃんは安心して見ていられる。

今日は怖い目にあってしまったが、人間側の問題もさることながら、自動巻取り式リードの問題も大きい。

わたしもこれまでに何度も危険な目にあっている。

もし使っている方がいたら、手動伸縮式のロングリードに変えよう。

 

怖い思いをしたことがあるよという方も、そうでない方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

 

-問題行動, 散歩
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。