ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

散歩 生活の質向上

いい散歩場所がない?

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

早朝から元気いっぱいで起きて来た犬たち、今日も散歩モードで喜ばしい。

さわやかで快適な陽気だったので、たっぷり散歩を楽しむことができた。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20200617_095148a.jpg

 

マルちゃん(大型犬MIX♂12歳)とブラブラしていると、この河川敷の奥の方に車が止まっていて、トランクに大き目のケージが載っているのが見えた。

少しすると中からポインターのような犬が出て来た。

マルちゃんも気づいてそちらに行こうとしたが、思い直して自分の散歩を続けた。

河川敷ではときどき大型犬を見かける。

対岸は人間用の散歩道がないので、大型犬がオフリードで走り回っているのを見かけることがある。

広い場所や自然公園などが少ないので、河川敷ぐらいしか選択肢がなさそうだ。

それでもあるだけいい。

犬人口が過密な地域では、少し大きめの公園や河川敷は犬がひしめき合っていて、まったくリラックスできない。

カウンセリングのときにはその犬が住んでいる地域をグーグルの航空地図とストリートビューで眺めて、アクセス可能な散歩コースを探すのだが、どう工夫しても難しいエリアもある。

小型犬であれば住宅密集地でも大丈夫だと思って犬を迎える方もいるが、散歩の質はどうしても低下する。

とくにいわゆる問題行動(=ストレス行動)が著しい場合、散歩でリラックスしてストレス解消することが重要になるのだが、それができないと改善がなかなか進まず、人間の側が音を上げるなどということになりやすい。

わたしの実家(東京都多摩市)近辺は、大小含めた自然公園がたくさんあるが、犬人口も多いので混雑しがちだった。

それでも東京だとかなり恵まれている方で、犬がたくさんいるのに自然公園が徒歩圏内にないエリアもたくさんある。

わたしが子どもの頃に自転車の練習をした駒沢公園は、当時は人影まばらだったが、何年か前に行ってみたら犬公園のようになっていて驚いた。

犬を迎える際には、徒歩圏内に犬にとって適切な散歩場所(人や犬が少なく、自然が豊かで静かなところ)があるかどうか考えてからにしたいものだ。

小型犬には散歩はいらないとか、近所を5分歩けばいいなどというようなことは真に受けないようにしよう。

 

散歩場所に困っている方も、近所に素敵なコースがあるよという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

 

-散歩, 生活の質向上
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.