ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

ストレス ボディランゲージ

こんな様子に注意ー気づきにくい強ストレスのサイン

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 

雨は上がったが雨雲が広がっていて不穏な天気だった。

だが涼しかったので、はっちゃん(秋田MIX♂9歳)はいまいち気乗りがしなさそうながらもポイント巡り散歩を決行。

ネコ餌ポイントでは、車の下にいたイカ耳ネコさんに気付かずにうっかりニアミスしてシャーされたが、いつもの見回りができて満足そうだった。

ネコさんのシャーが少しずつ弱くなっているので、ちょっと慣れてきてくれているようだ。

離れた場所から「近づきすぎてごめんね」とまばたきシグナルを送ったら、たくさん返してくれた。

 

洗濯物を取り込んでいたら覗きに来たはっちゃん。

 

ところでふと思い出したことがある。

体罰や叱責を伴った訓練所に犬を連れて行っていた人たちから、お迎えが来ると犬が震えると言っているのを何度か聞いたことがある。

寒さや病気など以外で震えるというのは、人間の場合もそうだが強いストレスサインだ。

これはその犬にとってはとんでもなくつらいということを意味している。

はっちゃんは動物病院の診察台ので震えるので、できることは台に乗せないでやってもらい、台の上ではしっかり抱っこしてゆっくり撫でてあげている。

小さなルルさん(ヨーキー♀2017年没)は動物病院は平気だったが、注射器が出てくると針を刺される前に絶叫していた。

体が大きく震えるというのはわかりやすいが、ヒゲがびりびり震えるというのも強いストレスのサインだ。

これはちょっと気づきにくいかもしれない。

また、白目をチラッチラッと出すのも、言われないとストレスサインとは気づかないかもしれない。

叱られるなどしてひどく不安になっている犬がよく出している。

 

 

そのほかには、舌をペチャペチャする、あくびするなどがあるが、いくつものサインを連続で出してくることが多い。

なので、あくびだけでは単に眠いのかストレスなのかはわかりにくくても(状況から判断することも重要)、同時にペチャペチャするとか白目を出しているなどがあったらストレスサインであることがわかる。

慢性的なストレスとともに、一時的な強いストレスも犬の心身にダメージを与えるので、避けられるものは避け、避けられないものは軽減するように努めたい。

そのためにも犬の様子をよく観察しよう。

 

気を付けないとねと思った方は、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-ストレス, ボディランゲージ
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.