ドッグウォーカー博士のスローライフ

命令をやめて犬と仲間になろう!しつけをしない犬育て、問題行動への対処法、文献紹介など

犬の気持ち 生活の質向上

その犬にとっての「嫌い」を見つけよう

投稿日:

☆PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

天気予報通り朝から雨で散歩は中止になった。

はっちゃん(秋田MIX♂8歳は)眠いらしく、ほぼずっと寝て過ごしていた。

マルちゃん(大型犬MIX♂12歳)は、午前中は庭の軒下で雨宿りしていたが、午後は部屋に入ってきた。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20201008_153936a-1024x768.jpg

 

低気圧が接近してくると、不安になったり心がざわざわしたりなどの影響がある。

犬たちは外の物音に反応しやすくなるが、部屋にいれば落ち着いて過ごせる。

うちの犬たち、とくにはっちゃんは、天理教の信者たちが鳴らす拍子木の音が嫌いだ。

布教活動の一環だそうだが犬たちには評判が悪い。

PONO友の雪音さんに聞いてみたら、保護シカさんたちも嫌っているのだそうだ。

「火の用心」の拍子木が苦手な犬も結構多いので、動物たちが苦手なタイプの音なのではないかと思う。

人間には不快でなくても、犬やその他の動物にはとても不快ということがよくある。

人間の歌声(鼻歌)を嫌がるネコもけっこういて、妹はよく嫌がられている。

嫌いなもの、苦手な物はある程度共通しているものもあれば、個体差が大きいものもある。

花火の大きな音は嫌いな個体が多いが、歌声になると花火ほど多くはなさそうだ。

それでもどの程度嫌かは個体差があるので、自分の犬が何をどのぐらい嫌がっているか、よく観察してみよう。

嫌いなものが判明したら、なるべくそれらに触れないようにしてあげたい。

すべて遮断することができなくても、軽減することはできる。

拍子木だったら室内避難がそれにあたる。

火の用心が苦手で当番の人にルート変更してもらったというケースもあった。

花火は犬を車に乗せて遠くに避難するという方もいる。

あきらめずにいろいろ工夫してみよう。

なお、慣らそうとしてもうまくいかずにかえって恐怖や不安が高まったり、悪くするとトラウマになったりするのでやめておこう。

いつも快適さを追求したい。

 

苦手な音があるよという方も、そうでない方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++

●犬への負担が少ないハーネスとロングリードの注文はこちら

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51958607.html

●ホームページはこちら

http://pono2.info/

●インスタグラム「今日のマル・ハチ」はこちら

https://www.instagram.com/satoekawakami/

-犬の気持ち, 生活の質向上
-, ,

Copyright© ドッグウォーカー博士のスローライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。